×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

消費者金融(金利)でお金を借入れする事を,「キャッシング」といいます。

消費者金融でお金を借入れする事を,消費者金融業界では、「キャッシング」といいます。この消費者金融のキャッシングの返済方法は、リボ払いが採用されていますので、銀行のカードローンとあまり変わらないものだといえます。この消費者金融のキャッシングの借入れる事ができる限度額は、一般的に50万円くらいです。消費者金融のキャッシングの審査時間がとても短いことや、貸し倒れる確率が高いせいです。消費者金融のキャッシングですが、消費者金融のキャッシング審査は、即日で終わることがほとんどです。キャッシングのカードの発行も、即日に発行されるところが多いようです。早急にお金が必要な人や、審査やカードの発行の時間が短いほうが良いと思っている人には、消費者金融でのキャッシングが人気です。消費者金融でのキャッシングの良いところは、なんといっても借入が気軽にできるところです。審査の時間が短い上,ATMで簡単に降ろすことができるのがメリットです。

消費者金融(金利)のキャッシンググレーゾーン金利

最近になって話題になったこの消費者金融のキャッシング金利のグレーゾーン。いわゆる出資法という法律と利息制限法という二つの法律で禁じている上限の金利が違っているのと利息制限法では罰則が無いために起こった問題です。10万円までの借入なら利息の上限は20%です。100万までなら18%、そして100万以上では15%と言う上限が利息制限法では設定されています。しかし出資法では借入金額に関係なく29.2%という形で定めてあるのです。出資法をこえると違法金利となり、罰せられます。しかし出資法に違反すれば罰則がありますが、利息制限法には罰則が設定されていないのです。このためほとんどの消費者金融のキャッシング会社は利息制限法の枠を超えてグレーゾーンでの金利を設定しています。今、消費者金融のキャッシングの消費者金融業界と国との間で話し合いが進み非常に厳しい条件が消費者金融のキャッシング会社に突きつけられようとしています。といっても以前からグレーゾーンで営業している企業でこれほど表舞台にたっている業界ですから時間の問題だったのでしょう。

ヤミ金や悪徳消費者金融の被害に合わないための相談とは・・・?

出資法違反やサラ金規正法を平気で破ってしまうヤミ金や悪徳金融を取り締まる法律は、実は複数存在します。実際に法的に、または公的に解決した方も沢山いらっしゃるのが現実です。しかし被害者数はその数千倍いると言われ、いたちごっこの様相を見せています。こちらで代表的な解決、対応例を記載させて頂きますのでお役立て頂ければ幸いです。万が一、トラブルに巻き込まれたのなら、お近くの消費者センターに電話してみましょう。 こんな業者はまずヤミ金ですから、トラブルの元です。注意しましょう。1.連絡先が携帯電話しかない2.「ブラックOK」と記載しているDMや広告を使用している3.年金を担保に融資しますとDMや広告を使用している4.数百万円の融資にも関わらず、信じられない位低い年率を広告に記載している5.家財道具を担保にお金を貸すとうたっている6.その他

Copyright © 2008 ヤミ金や悪徳消費者金融の被害に合わないためには、他者比較をしてみましょう!